安全教育

車両系クレーン機能付・フォークリフト系ショベルローダー(二輪駆動)

安全教育
クレーン機能付
ご承知の通りクレーン機能を備えた車両系建設機械に係る労働安全衛生関係法令については、車両系建設機械に係る規定及び移動式クレーンに係る規定の両方が適用されることが明確にされました。このため、当該機械労働安全衛生法第45条の定期自主検査は、車両系建設機械の部分については労働安全衛生規則第169条の2に基づく特定期自主検査を、また、移動式クレーンの部分についてはクレーン等安全規則第76条に基づく定期自主検査を各々行わなければならないこととなっております。
一方、移動式クレーンの定期自主検査は、基発第546号労働省労働基準局長通達「移動式クレーンの定期自主検査者に対する安全教育について」に基づく安全教育を修了した者が実施することとされていますが、車両系建設機械に係る労働安全衛生法45条の2項に基づき一定の資格を有する労働者又は、労働安全衛生法第54条の4に基づき一定の資格を有する者に対する、クレーン機能を備えた車両系建設機械に係る546号通達に基づいて定期自主検査者安全教育を開催致しますので、この機会に受講されますようご案内申し上げます。

安全教育
移動式クレーン (クレーン機能を備えた油圧ショベル)

移動式クレーン定期自主検査者安全教育は、労働安全衛生法第45条第3項の規定に基づく「移動式クレーン定期自主検査指針」に沿い、厚生労働省労働基準局長が定めたカリキュラムに基づき、移動式クレーンの定期自主検査者(年次検査・月例検査従事者)を対象に、安全で適正な検査の実施を図るため必要な知識の習得を目的として行う教育です。
つきましては、この教育を次のとおり実施しますので、受講を希望される方は、別添の申込書によりお申込くださるようご案内いたします。なお、この教育の修了者には当協会の「修了証」交付すると共に、修了者が年次の定期自主検査を実施した場合には、「定期自主検査指針」に基づき検査を行ったことを示すために、当協会が発行する「検査済ステッカー」を、クレーンに貼付することができます。
ご案内PDF ダウンロード
>> 安全教育・移動式クレーン ご案内資料(クレーン協会協賛)
>> 受講申込書 

 

安全教育
ショベルローダー

ご承知の通りショベルローダー及びフォークローダー(以下「ショベルローダー等」という。)の定期自主検査の安全教育につきましては、昭和62.3.24付け基発163号に基づく定期自主検査を行わなければならないこととなっております。
ショベルローダー等については、1年を越えない期間ごとに1回、定期に行われる自主検査の適切かつ有効な実施を図るため、ショベルローダー等の検査の業務に従事する者に対して必要な知識などを付与するのに係る163号通達に基づいて定期自主検査者安全教育を開催致しますので、この機会に受講されますようご案内申し上げます。
ご案内PDF ダウンロード
 
 >> 安全教育・ショベルローダー ご案内資料
>> 受講申込書
>> 安全教育・ショベルローダーしおり

 


安全教育(クレーン機能付3.5、移動式クレーン7)
安全教育内容の相違点 (3.5時間コース及び7時間コース)

3.5時間コースと、7時間コースの相違点
項  目 3.5時間コース 7時間コース
開催及び申込み先 (公社)建荷協/広島県支部 (一社)日本クレーン協会西中四国支部
(建荷協協賛)
日    時 未実施 6月6日(水)
場    所   リョーコービル5階会議室
講 習 時 間   1日(9:00~17:00)
受 講 資 格 特定自主検査の有資格者 資格不要
受講料   ¥12,086
     
定期自主検査対象機械 ①クレーン機能を備えた車両系建設機械
のクレーン部分のみ
①クレーン機能を備えた車両系建設機械
のクレーン部分
②移動式クレーン