検査者資格取得研修

特定自主検査者資格取得研修

 労働安全衛生法では、フォークリフト・不整地運搬車・車両系建設機械及び高所作業車について、事業者に対し所定の資格を有する検査者又は登録検査業者によって一年に1回(ただし、不整地運搬車は二年に1回)特定自主検査を行うことを義務付けられており、この特定自主検査は同法が定める研修及び検査実習を修了した方が行うこととされています。

この検査者には「事業内検査者」と「検査業所属検査者」とがあり、それぞれ研修内容が定められています。

本研修は厚生労働省の通達に基づく検査者の資格を付与するための資格取得研修(学科、実技)を支部単位で実施しています。

>> 「事業内検査者研修」詳細へ      >> 「検査業所属検査者研修」詳細へ