特定自主検査制度とは



特定自主検査制度とは

建設荷役車両(建設機械及び荷役運搬機械)のうち、労働安全衛生法施行令(政令)で定められた機種(油圧ショベル、高所作業車、フォークリフト、ショベルローダーなど)については、労働安全衛生法に基づき、年次、月次など、定期自主検査を行う必要があります。定期自主検査対象機械のうち、油圧ショベルやフォークリフトなど、政令で特定された機械等については、1年以内(1年を超えない期間)ごとに1回(不整地運搬車は2年以内ごとに1回)、定期に一定の資格を有する検査者又は登録を受けた検査業者による特定自主検査を実施しなければなりません。

特定自主検査には、2種類の検査があります。( )内は特定自主検査を行える者です。

・事業内検査者による検査
事業者がその使用する労働者で、厚生労働省令で定める資格を有する者に実施させる検査
(厚生労働大臣が定める研修の修了者、国家検定取得者等一定の資格者)
・検査業者による検査
厚生労働大臣又は都道府県労働局長の登録を受けた検査業者に実施させる検査
(厚生労働大臣の登録を受けた検査業者、都道府県労働局長の登録を受けた検査業者)

 

検査を実施しなければならない機械